• お問合せ
  • サイトマップ
  • English

環境活動

トップ企業情報環境活動 > 社長メッセージ

社長メッセージ

古野電気は、1948年に世界で初めて魚群探知機の実用化に成功して以来、さまざまな船舶用電子機器を生み出し、お客さまの要望に応えてきました。 「新しい価値の創造により、社会の役に立つ」ことは当社の創業の精神であり、「経営理念」として、全社員がもっとも大切にすべき価値観と位置付けています。

2012年には、この経営理念を実現するために、2020年時点でありたい事業像を明確に描いた経営ビジョン「NAVI2020」を策定しました。

当社グループが目指す「事業ビジョン」は「安全安心、環境に優しい社会航海の実現」としています。
開発から調達、製造、販売、サービスまでグローバルに広がるバリューチェーン全体の中で、「安全安心」と「環境」の2つを最も重要な課題と位置づけ、取り組みを進めています。

環境的側面では、温室効果ガス排出量の削減、省エネルギー・省資源はもとより、製品含有化学物質管理を重要課題として推進してきました。
2013年度も、部材情報や生産体制の管理、トレーサビリティ確保などに取り組み、対象機種に関してRoHS指令を満足できる体制が整いました。
品質・安全面においても、グループ各社、調達先、代理店の皆さまとともに、グローバルで業務品質の改革を推進しています。

また、当社グループは、船舶用電子機器で培った技術を、医療や情報通信などさまざまな分野へ展開しています。
これらは舶用機器に次ぐ今後の大きな柱として期待するものです。たとえば、2013年度はゲリラ豪雨や竜巻などの、突発的な「局地災害」の被害低減に貢献する世界最小・最軽量級の気象レーダーを開発しました。
舶用機器とは製品も市場も異なるだけでなく、分野も多岐にわたるだけに、こうした新分野における環境、品質・安全面の取り組みについても充実を図っています。

当社は、社員全員が法令の順守はもとより、高い倫理観を持ち、社会からの信頼・期待に応えること、そして、新しい価値を生み出し社会の役に立つこと。今一度企業存立の原点に立ち返り、経営理念・ビジョンの実現に向け取り組んでまいります。

今後とも皆さまのご支援、ご指導をよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ
Copyright © Furuno Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.