• お問合せ
  • サイトマップ
  • English
知的財産への取り組み
トップ研究開発 > 知的財産への取り組み > 方針

方針

知的財産は重要な経営資源

知的財産は、企業の価値を増大させる重要な経営資源です。古野電気では、この重要な経営資源を大きく育てるために、事業戦略と連携した知的財産戦略のもとに、グローバルに価値ある知的財産の取得を図っています。
当社は、このように取得した知的財産権が侵害された場合には、製品の差止めや損害賠償請求などの法的手段も含め、毅然とした対応をとることで、当社独自の先進技術の保護を図っています。他方、他社の知的財産権についてはこれを十分尊重していますが、不当な権利主張や行使に対しては、各国の法制に則って、当社の正当性を徹底して主張していくようにしています。

知的財産を生み出すのは人

知的財産を生み出すのは人であり、研究開発者の創造的活動の成果が特許です。人こそが原点、この考えのもと当社では、研究開発者の創造性を大きく生み育てるために、さまざまな取り組みを行っています。

当社では、従来から出願奨励金や実績褒賞金の充実、各種発明表彰の整備など発明へのインセンティブを高める取り組みを実施してきました。また、一貫した技術教育・知的財産教育を行う独自の教育プログラムを構築するなど、研究開発者の特許への意識を高め、特許を重視するフルノの技術文化の継承と発展を目指しています。

このページのトップへ
Copyright © Furuno Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.