• お問合せ
  • サイトマップ
  • English
フルノのテクノロジー
こんなところにもフルノ
関西国際空港ができるまで
人々の安全な暮らしのために
フルノが支える地上デジタル放送
魚群探知機の構成
基本の構成ユニット
基本の構成ユニット

≫拡大

小型ボートで使用する魚探は、指示部と振動子の2つのユニットで構成されています。

指示部はブリッジなどの見やすい場所に、振動子は船底部分に取り付けます。指示部と振動子間は1本のケーブルで接続します。

また、指示部へはバッテリから電源を供給するために、電源ケーブルを配線します。基本となる接続はこれだけです。
振動子の装備方法あれこれ
振動子の装備方法あれこれ

≫拡大

振動子は、海中に露出する形で設置します。船底部に穴をあけて振動子を海中に突出させたり、舷側に特殊金具を使って海中に突き出して取り付けたりします。

漁船タイプのボートでは、送受波器を水槽の中に入れたり、船底内で特殊な入れ物に入れて装備することもありますが、この場合は受信感度が低下します。

薄いFRPとはいえ、船底板を通して超音波を発射したり、海中からの反射信号を受信するため、このような装備方法では受信感度は低下します。

これらの設置方式はインナーハルといい、簡単に取り付けができます。船底に穴をあけずに済むところから、プレジャーボートで多く採用されています。

高感度で魚探を使用する場合は、振動子の取り付けは海中に露出する方式をおすすめします。専用金具を使って船底を貫通させたり、トランサムに固定設置する方法です。また、小型漁船などでは釣り場到着後に舷側パイプを用いて送受波器を海中に入れる方法などが使われています。
このページのトップへ
Copyright © Furuno Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.
魚群探知機の仕組み 魚探用語解説