• お問合せ
  • サイトマップ
  • English
フルノのテクノロジー
こんなところにもフルノ
関西国際空港ができるまで
人々の安全な暮らしのために
フルノが支える地上デジタル放送
ソナーの表示画面
ソナー画像の基本となる水平表示画面
ソナー画像の基本となる水平表示画面

≫拡大

ソナーは自船の前方や横方向など、全周囲の魚群分布状況を探知表示する高性能な水平魚探です。一般の魚探が自船直下の探知映像を表示するのに対し、ソナーは横や斜め方向の魚群を自由自在に探知できるため、ソナーを活用することで効率的な操業が実現でき、漁業やスポーツフィッシングにおいて有効に使われています。

左図ソナー画面上に現れる海中探知映像は、自船を中心とした円形パターンになります。

 

左図はソナー画像の基本となる水平表示モードで、画面の真ん中に△マークが現れここが自船の現在位置を示しています。
自船位置マークから下方に伸びる細いラインは走行してきた自航跡を示しています。航跡はゆっくり左へ旋回し、ここまで取舵で進んできたことがわかります。

画面周辺に大きな太い円が描かれているのは海底です。この映像では超音波探知角(俯仰角)が21度になっており、深度の関係から海底映像が表示されています。

自船の前方、12時から1時方向に大きな魚群反応がでています。

自船直下から左右方向の断面映像
自船直下から左右方向の断面映像

≫拡大

ソナーは水平方向のみを探知するだけではなく、自船直下から左右方向の断面映像も表示できます。海底から海面まで横方向の魚群を見るのに最適な画像です。

左図はソナーの断面画像です。
画面上では、上方の真ん中にある▽マークのところが自船位置になります。ここから超音波の発射角度を変えながら、左舷側から右舷側へと探知しています。
自船位置の左舷側12メートル付近に固まっている反応は表層魚群です。水深4〜6メートル付近を遊泳していることがわかります。

魚種は不明ですが、割合小さな群れです。このような位置関係の魚群は、魚探で見つけることが難しいです。これもソナーならではのメリットです。自船付近の毛羽立った反応は雑音です。

下方に映っている細長い線は海底です。左舷側から右舷側まで水平方向に平らな海底線が続いていることがわかります。

2周波同時探知ソナーの映像
2周波同時探知ソナーの映像

≫拡大

フルノには2周波を同時探知表示ができるソナー(CH-300)があります。高周波と低周波による探知映像を見比べながら魚群探索ができるという画期的なサーチライトソナーです。
左図は2周波ソナーの表示画面です。画面の左に低周波映像を、画面右手には高周波映像が表示されています。
自船位置(△)はそれぞれの画像の中心に表示されて、4時と8時方向にやや大きな魚群が出ています。また11時の方向にも小さな群れが映し出されています。

この探知レンジは200メートルで、画面の端までの距離が200メートルですので、遠くまで高感度に探知できることがわかります。

このページのトップへ
Copyright © Furuno Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.
ソナーの仕組み ソナーの構成