本文へスキップします。

ニュース詳細

New新来島サノヤス造船建造船の本船データ収集基盤にフルノの「FURUNO Open Platform」を採用

2021年04月28日

古野電気株式会社(本社:兵庫県西宮市、代表取締役社長執行役員:古野幸男、以下、当社)は、株式会社新来島サノヤス造船(本社:岡山県倉敷市、代表取締役社長:森本 洋二)建造のバルクキャリア(ばら積み貨物船)に搭載されるモニタリングシステムのデータ収集基盤として、当社の「FURUNO Open Platform(以下、FOP)」が採用されたことをお知らせします。

近年、安全運航の強化や環境負荷低減を目的に、本船データを活用した新たな価値創出への取り組みが進められています。
当社では、このよう取り組みを支える本船データの活用基盤として、FOPサービスの提供を通じて課題解決に貢献して参ります。

関連リンク

  • 2021年4月27日発表(新来島サノヤス造船建造):
    当社建造のバルクキャリアにて実海域での運航データ流通基盤(IoS-OP)をフル活用
    https://www.sanoyas.skdy.co.jp/topics/661
  • 2021年4月27日発表(ShipDC):
    新来島サノヤス造船建造のバルクキャリアにおいてIoS-OPをフル活用
    ~造船所から就航中の船舶の性能モニタリングを可能に~
    https://www.shipdatacenter.com/notice/20210427.html
このページに記載されているニュースやその他の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。