本文へスキップします。

ニュース詳細

Newフルノシステムズ、マネージド・スイッチ PoE対応 スイッチングハブ「ACERA 9010シリーズ」を発売

2019年06月10日

無線ネットワーク管理システム「UNIFAS」によるアクセスポイントとの一括管理を実現

当社子会社である株式会社フルノシステムズ(本社:東京都墨田区、中谷聡志社長)は、この度同社初となるマネージド・スイッチ PoE対応 スイッチングハブ「ACERA(アセラ) 9010シリーズ」を開発しました。
本機器は、レイヤ2(データリンク層)レベルでデータの行き先を振り分けるPoE L2スイッチで、無線ネットワーク管理システム「UNIFAS(ユニファス)」を用いることで、フルノシステムズ製のアクセスポイントと一括管理することが可能です。
今回8ポートの「ACERA 9010-08」と24ポートの「ACER 9010-24」の2機種を用意しました。
発売は2019年7月上旬を予定しています。

ACERA 9010-08(上段:8ポート)、ACERA 9010-24(下段:24ポート)
▲ ACERA 9010-08(上段:8ポート)、ACERA 9010-24(下段:24ポート)

ACERA 9010シリーズは、業務用アクセスポイント「ACERAシリーズ」とともにUNIFASで一括管理していただくことが可能です。ユーザーから無線ネットワーク状況の把握や制御を実現する機器の開発が望まれていましたが、ネットワーク全体を管理できる製品として、このたび市場投入いたします。
動作温度は、8ポートの「ACERA 9010-08」が0℃~50℃、24ポートの「ACERA 9010-24」が0℃~45℃に対応。いずれもファンレスにすることで、静かな動作を実現しました。オフィス以外にもさまざまな環境で設置いただけます。

「ACERA 9010シリーズ」2機種は、6月12日(水)から14日(金)まで幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催するインターネットテクノロジーの総合展示会「Interop Tokyo 2019」のフルノシステムズブースで展示します。

ACERA 9010シリーズの主な特徴

  • ACERAシリーズで初となるPoE対応スイッチングハブとして開発
  • 「PoE+(PoEプラス)で大容量給電が可能
  • ファンレス仕様で静かな動作を実現
  • 無線ネットワーク管理システム「UNIFAS」でアクセスポイントとあわせた一括管理が可能
  • スタンドアロンでの単体構築にも対応(スタンドアロンの場合「UNIFAS」が不要)

クラウド接続イメージ

★ACERA 9010シリーズの発売時期と販売価格、目標等につきましては、こちらをご覧ください。

フルノシステムズについて

フルノシステムズは、無線LANシステム分野のリーディングカンパニーです。無線ハンディターミナルをはじめ、無線LAN構築には欠かせないモバイル&ワイヤレスソリューションを提供しています。さらには、エンジニアリングサービス(ネットワーク設計、構築、管理など)までもサポートする事で、トータルなワンストップソリューションを実現します。無線ネットワーク管理システム『UNIFAS(ユニファス)』および無線LANアクセスポイント『ACERA(アセラ)シリーズ』は、国内メーカーである高い品質と技術、充実したアフターサービスが評価され、オフィスや学校、公共施設においてシェアが拡大しています

公式サイト:http://www.furunosystems.co.jp/

  • 本資料に記載されている社名、製品名、サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • 「無線LANケータリング」は、株式会社フルノシステムズの登録商標です。
  • 「AirSignage(エアサイネージ)」は、株式会社フルノシステムズの登録商標です。
このページに記載されているニュースやその他の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。