本文へスキップします。

ページタイトル

オープンイノベーション

コンテンツ

基本的な考え方

フルノでは、自社の「コア技術」と「ノウハウ」を活かし、社会課題の解決に貢献すべく新たな価値創造のため、オープンイノベーションに取り組んでいます。
実用的で社会に役立つ商品をスピーディーに開発するためには、様々な方の知恵や技術力が必要であり、社内外の叡智の結集と融合によるイノベーションが不可欠であると考えています。
新たな価値創造のために、皆さまとの共同開発に積極的に取り組んでまいります。

私たちの強み

当社のコアテクノロジーであるセンシング(Sensing)、情報処理(Processing)、情報通信(Communication)の3つの技術に、事業で培った知識・経験・スキル・ノウハウを生かし、“見えないものを見えるようにする” ことで、社会課題の解決に取り組んでいます。

活動テーマ

現在フルノが取り組んでいるオープンイノベーションの活動テーマは以下の通りです。
これらを活用できる市場やアイディアをともに、共同研究および市場評価いただける企業、研究機関と大学を募集しております。以下のテーマでご関心のある方、また当社の趣旨にご賛同いただける方からのご提案をお待ちしております。

コンテンツ2

水蒸気観測(マイクロ波放射計)

可降水量測定

大気中の水蒸気量をリアルタイムに観測するマイクロ波放射計

可降水量測定器の設置 イメージ
マイクロ波放射計の設置事例

私たちが住む身近な場所での水蒸気量をリアルタイムに測定することを目的に、小型・軽量の水蒸気(可降水量)観測装置を開発しました。

私たちが求めている事

本観測装置より得られる水蒸気(可降水量)のデータを、様々な気象現象の観測・予測に役立てたいと考えています。リアルタイムかつ継続した観測により、大気・気象現象の状況や変化を見極めるほか、大気中の水蒸気による影響(例:電波の伝搬遅延などの物理現象)を明らかにすることで、社会貢献につなげたいと考えています。

市場予測

気象観測・予測、気象防災、農業分野、河川管理、交通管制、屋外工事、レジャー、エネルギー分野

特徴

  • 可搬型
  • 小型(24 x 33 x 26 cm)、軽量(7 kg)
  • 電源の接続のみで利用可能
  • 液体窒素校正不要

リアルタイム測定

観測の時空間分解能が高いため、局地的豪雨の前兆のひとつである水蒸気(可降水量)の変動を、リアルタイムに観測することができます。これにより、早期防災行動への貢献が期待できます。さらに、気象予報の数値シミュレーション等に可降水量の局地的な観測データを導入することができれば、気象予報精度の向上が期待できます。

高い設置性

小型・軽量設計で、可搬性に優れています。また、電源を供給するだけで測定できることや、データ通信装置を内蔵しているため、移動観測や複数台でのネットワーク観測網の構築も容易で、街中やビル屋上などにも容易に設置できます。

高度プロファイル

地上から垂直方向の可降水量高度プロファイルの算出が可能です。

低消費電力

低消費電力で、モバイルバッテリーでの観測も可能です。

ご提案にあたって

参考リンク

コンテンツ3

雲観測(雲カメラ)

日射予測

雲の分布や日射の様子を視覚的に観測する雲カメラ


雲カメラの設置事例

オプティカルカメラで取得した画像データを解析処理することで、雲の位置を特定します。

私たちが求めている事

雲の位置や移動方向の観測・予測データは、さまざまな分野で活用できる可能性があります。空の状況の把握や、雲・日射の観測・予測をすることで得られるメリットを、皆さまと一緒に見いだしたいと考えています。さらに、カメラ映像の特性を活かして、雲・日射の予測だけではない、新たな使い方の発見にも期待しています。

市場予測

太陽光発電、空港、気象観測・予測、気象防災、農業分野、河川管理、交通管制、屋外工事、レジャー、エネルギー分野

特徴

  • リアルタイムに全天を観測
  • 雲の動きを予測
  • 1時間後の予測
  • 20分後の精密予測
  • 水平観測メッシュ約20mのピンポイント
    ※直上の雲(高度3,000m)を撮影したときの分解能

雲の判定

取得した画像データより解析を行うことで、雲の位置を特定します。また、地上から雲を観測することにより、生活に直結した日射計測・予測が可能になります。

10分後の雲

雲の流れを解析することで短時間の高精度日射予測を実現します。
エネルギーマネージメントシステムにおいて、日射に応じた二次電池と売電を効率的に組み合わせた運用を目指しています。

60分後の雲

60分先の雲の傾向を出力します。
複数台カメラを連携させた観測網により、更に長時間の傾向も得られます。

雲底高度

複数台のカメラから得られる画像により雲底高度を算出します。
予測した雲の位置と太陽の方角・仰角情報から、観測可能範囲内の任意の地点における日射をピンポイントで予測します。


  • 取得画像の例

  • 雲カメラの観測結果の例

ご提案にあたって

参考リンク

コンテンツ4

筋肉可視化

ポータブル型超音波ハンディスキャナで簡単に筋肉断面を可視化

開発した筋肉可視化装置のイメージ
開発した筋肉可視化装置

超音波画像診断装置の技術を応用した手のひらサイズの装置を開発しました。大腿四頭筋や腹部の筋肉の断面を簡単に撮影することができます。

私たちが求めている事

表面から肉眼では見えないものを見えるようにすることで得られるメリットは、筋肉だけではないと考えています。お困りの障壁は画像合成・ポータブル・ケーブルレスでブレイクスルーできませんか?

主な特徴

  • 小型
  • ワイヤレス
  • CTのような分かりやすさ
  • 超音波だから被曝なし
  • 自動で輪郭表示や断面積を計算

表示例

  • 大腿部断面 イメージ
    大腿部断面
  • 腹部断面 イメージ
    腹部断面

求める分野

筋肉可視化技術では、大腿四頭筋や腹部をはじめ、その他の筋肉での応用、また、ヒト以外の測定に活用できる市場・産業分野を探しています。

応用事例(サカナの測定例)

サカナの測定例 イメージ

ご提案にあたって

コンテンツ5

ご提案にあたって

  • 応募対象者: 日本国内の企業、研究機関、大学に所属されている方
  • 応募期間: 本ページに掲載期間中、常時ご提案を募集しています

応募フロー

  1. ご提案フォーム」より必要事項をご記入の上応募ください。
  2. 頂きましたご提案内容を社内にて協議・検討します。
  3. 検討結果のご連絡および、ご提案の詳細をお伺いします。
    但し、内容により回答にお時間をいただく場合や、回答できない場合もございますので予めご了承ください。
    この際に必要であれば秘密保持契約を締結させて頂きます。
  4. 共同研究もしくは市場評価に双方が合意した場合に、適切な契約を締結させて頂きます。
    面談の際に発生する交通費や宿泊費などの費用は、自己負担願います。

留意事項

下記事項をご確認、ならびにご承諾いただいた上で、「ご提案フォーム」に必要事項をご記入ください。なお、貴社よりご提案いただく内容は、以下に基づいていることをお約束ください。

  • 第三者の権利を侵害するものでないこと
  • 第三者と秘密保持義務を取り交わしている事項を含まないこと
  • 貴社と古野電気との契約関係を生じさせるものではないこと
  • この内容のみに基づき、貴社が古野電気に権利を主張することはないこと
  • 秘密情報を含まないこと(当社は、ご提案内容に関する秘密保持義務を負うことができません)