本文へスキップします。

ページタイトル

フルノの技術

コンテンツ

「探る」「測る」「送る」で社会に貢献

フルノは、「センシング(Sensing)、情報処理(Processing)、情報通信(Communication)」の3つの技術に、事業で培った知識・経験・スキル・ノウハウを統合(Integration)することで、見えないものを見るための機器・システムを提供しています。主に、見えないものを「探る」「測る」「送る」技術で、安全・安心で快適な社会の実現に貢献しています。

「探る」超音波/電波で「探る」

超音波を使って魚の群れを探したり、電波を発射して濃霧の中や、夜間でも周囲の船などの障害物を探索するなど、フルノは、超音波や電波を使って、通常では見えないものを「探る」製品を提供しています。

主な製品

魚群探知機 製品イメージ魚群探知機

魚群探知機 原理 イメージ

原理は山びこ

魚群探知機は水中へ超音波を発射することにより、その反射波をとらえることで、魚群の存在や水深、分布状況、海底の様子などを知ることができます。
「やまびこ」などもそうですが、発射した音波や超音波が進んでゆく途中、何か物体(魚群や海底)に当たると反射し、その一部分は元のところへ返ってきます。魚群探知機はこの超音波の反射する原理を応用しています。

魚群探知機 表示 イメージ

漁獲の判断や海洋資源調査にも利用できる

海中の魚群の存在や海底状況を画面上に表示することで、効率的な操業を支援しますが、今では、魚群の有無だけでなく、魚のおよそのサイズも判別できるため、漁獲の判断や海洋資源調査にも利用でき、将来にわたり持続可能な資源管理型漁業の実現にも役立っています。

船舶用レーダー 製品イメージ船舶用レーダー

船舶用レーダー レーダー表示 イメージ

レーダーって何?

船舶レーダーは、船舶の安全効率航行に欠くことができない航海用電子機器です。自ら発射した電波の反射波をとらえることで、海上の他船やブイ、鳥など航行上の障害物の存在を知ることができます。
レーダーは波長が極めて短いマイクロ波が使われており、マイクロ波によるエコーをキャッチすることで物標までの距離と方位を測り、その様子を映像としてディスプレイに表示します。

船舶用レーダー 原理 イメージ

原理は魚群探知機と同じ

原理は山びこと同じです。
例えば、今、マイクロ波を一方向へ発射したとします。
電波は一直線上を進みますが、その進行線上に他船や島などの物標があれば電波はそれらによって反射され反射波の一部は元の位置まで返ってきます。従って、電波を発射してからその反射波が返ってくるまでの所要時間を測定し、距離に換算することにより、それぞれの物標までの正確な距離を知ることができます。
現用レーダーには船舶用の他、気象レーダー、航空機管制用のレーダーなどがあります。

気象レーダー 製品イメージ気象レーダー

気象レーダー レーダー表示 イメージ

フルノの気象レーダーって?

フルノの気象レーダーには、水平と垂直の偏波を同時に送受信する二重偏波(※1)の小型Xバンド ドップラ気象レーダー「型式:WR-2100」と、水平の偏波を送受信する単一偏波(※2)の小柄ドップラ気象レーダー「型式:WR-50」が有ります。
「WR-2100」は、6秒間隔で360°方向に50m区分の降水強度を探知可能な長高時空間分解能(※3)を有しており、集中豪雨をもたらす積乱雲の三次元構造と、その移動や発達状況を高時空雨分解能度で観測することにより、局地的短時間集中豪雨(ゲリラ豪雨)をいち早く予測できます。

気象レーダー 観測 イメージ

都市部での観測が可能!

さらに、小型・軽量により、これまで設置困難とされていた町中の既存建物や、山間部への設置が可能なため、都市部での水害対策や鉄道・道路などの運行管理にも役立ち、高度な防災・減災社会の実現に貢献しています。
たま、雨雲の移動を高速に探知するWR-50と組み合わせることで、高精度3次元観測を実現します。

1)二重偏波:水平偏波と垂直偏波の2種類の電波を同時に送信し、2種類のへんぱの反射される強度や位相の差から降水強度を求め、雨量を定量的に観測することができるレーダー。

2)単一偏波:水平偏波を送信し、反射される強度から降水強度を求めることができるレーダー。

3)長高時空間分解:短時間に局地的に細かく現象を観測する能力を指す。

関連リンク

「測る」超音波/電波で「測る」

人工衛星から発信される電波を地上で直接受し、現在位置割り出すGPS測位をはじめ、電波や超音波を使ってさまざまなものを「測る」製品を提供しています。

主な製品

GPSプロッタ 製品イメージGPSプロッタ

GPSプロッタ 原理 イメージ

GPSプロッタって何?

GPSプロッタは、カーナビゲーションシステムの船舶版。
自船の位置を把握するとともに、座礁しないよう浅瀬、岩礁などへ近づいた際に警報を発するなど、目印の乏しい海での安全航行を支援します。
GPSプロッタは、GPS衛星が発する電波を複数受信し、到着時間差をマイクロコンピュータで演算処理して自船の現在位置を割り出します。
GPSといえばカーナビを連想されますが、実は船舶での利用が先で、フルノでは1980年に既に商品化しています。

関連リンク

超音波骨密度測定装置 製品イメージ超音波骨密度測定装置

超音波骨密度測定装置 測定 イメージ

超音波骨密度測定装置って何?

超音波骨密度測定装置は、踵部の両側にある振動子から超音波を送受信させることで、踵骨内に伝わる速度と減衰率から骨密度を測定します。
超音波は人体に安全なため、若年者や妊娠中の方でも安心してご利用いただけます。 フルノの骨密度測定装置はコンパクトで持ち運びしやすいうえ、操作も容易で短時間で測定できることから、骨粗しょう症のスクリーニング(ふるい分け)検査にも適しており、検診などに広くご利用いただくことで、骨粗しょう症の早期発見や医療費の削減に貢献しています。

地盤変化観測システム 製品イメージ地盤変化観測システム

地盤変化観測システム 仕組み イメージ

地盤変位観測の仕組み

地殻変位観測システムは、GPS(GNSS)の精密測位技術を利用して、地殻や地盤、構造物などの変位をミリメートル単位で捉えます。
GPSの基準点となる「不動点」と、変位を計測するための「計測点」に設置した各受信機とGPS衛星からの電波を同時刻に受信し、搬送波の位相の変化から地殻変位をミリ単位で割り出します。「地面が動く」=「機器の位置が動く」ことになり、「地面のズレ」は自動で監視センターで解析演算し出力します。

どういったところで使うの?

地盤変化観測システム 利用 イメージ

地殻変位観測システムは、火山活動や地すべりなどの自然災害の監視のほか、ダムやトンネル工事などでの地盤変位に伴う危険性を察知し、災害を軽減して人々の安全・安心確保に貢献します。

「送る」電波で「送る」

電波は波長によりさまざまな特性を持つ電磁波の一種です。例えば、私たちが見ることのできる光や紫外線、病院のレントゲン撮影で使われているX線も電磁波です。
フルノではこの電波を使って、離れた場所へ情報を確実に「送る」製品を提供しています。

主な製品

衛星通信装置 製品イメージ衛星通信装置

衛星通信装置 仕組み イメージ

衛星通信装置って何?

衛星通信装置は、インマルサット衛星を利用した船舶と陸上との間の通信装置です。船上においてインターネットやEメールなどができ、遠く離れた家族との快適なコミュニケーションなどに役立ちます。
インマルサットシステムには「インマルサットB」「インマルサットC」「Freet」などのサービスがあり、フルノはインマルサットB対応の船舶地球局設備を世界で初めて実用化しました。
インマルサットシステムは、赤道上空36,000kmにある静止衛星を用いて電波を中継し、船舶地球局と陸上の海岸地球局で通信を行います。
船舶地球局には従来直径85~100cmのパラボラアンテナが用いられていましたが、Freet以降の新型機種ではアレイアンテナを採用し、大幅な小型化と軽量化が実現し、漁船など小型船舶への搭載が可能になりました。

AIS 製品イメージAIS(船舶自動識別装置)

AIS 原理 イメージ

AISって何?

AISは、付近を航行する船を船が、船名や現在位置、針路などの情報をデジタルデータで自動的に送受信することで、衝突防止や安全航行を支援します。
他船を認識する装置といえばレーダーがありますが、レーダーは地形によって電波が遮られる場合があります。 これに対しAISはデジタルデータで情報交換を行うため、島影に隠された船舶の存在を正確に確実に把握することができます。
船の交通量は大阪湾で1日300隻。海上交通の要衝として知られるシンガポールでは1日数百隻を超える船が狭い海域を行き交います。今や海上も陸上並みに交通が過密しており、AISは船舶が安全に航行するために不可欠な装置です。

DSRC路側アンテナ 製品イメージDSRC路側アンテナ

DSRC路側アンテナ 装置 イメージ

DSRCって何?

DSRC(狭域通信)は車両通信に特化して設計された無線通信技術で、5.8GHz帯のマイクロ波を使って、基地局(路側アンテナ)と移動局(ETC車載機)との間で双方向の無線通信を行います。
通信距離が数メートルと短く、限られた範囲での双方向通信に適し、主に有料道路での自動料金収受システムとして利用されています。

DSRC技術を活用したサービス

DSRC路側アンテナ サービス イメージ

フルノはこの技術を用いてETC車載機や、ETC車載機を識別して情報処理を行うDSRC路側アンテナを開発しています。また、これらを組み合わせて、マンション駐車場でリモコン操作なしにゲートの自動開閉を可能にする車両入退管理システムや、建設工事現場での工事車両管理システム、様々なシーンに合わせた便利で安全・安心なシステムを提供しています。