本文へスキップします。

ページタイトル

配当金について

コンテンツ

配当に関する考え方

当社は、配当政策を経営における最重要政策のひとつと位置付けています。利益配分につきましては、継続的かつ安定的な配当を念頭に置きながら、財務状態、利益水準および配当性向などを総合的に勘案して決定することを基本方針としています。また、内部留保金につきましては、将来を見据えた投資や企業体質の一層の強化のために活用してまいりたいと考えています。 当社の剰余金の配当は、中間配当および期末配当の2回行うことを基本的な方針としております。
配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会です。

2017年度の配当金につきましては、上記の基本方針に基づき、1株当たり4円としました。この結果、当期の年間配当金は、中間配当金(1株あたり 4円)と合わせ、8円となります。 なお、当社は中間配当を行う事が出来る旨を定款に定めております。

株主確定日 期末配当 2月末日
中間配当 8月31日

1株当たり配当金の推移

中間配当金 期末配当金 年間配当金
2018年 (平成30年) 2月期 4.00円 6.00円 10.00円
2017年 (平成29年) 2月期 4.00円 4.00円 8.00円
2016年 (平成28年) 2月期 4.00円 6.00円 10.00円
2015年 (平成27年) 2月期 4.00円 4.00円 8.00円
2014年 (平成26年) 2月期 4.00円 4.00円 8.00円
2013年 (平成25年) 2月期 2.50円 4.50円 7.00円
2012年 (平成24年) 2月期 2.50円 2.50円 5.00円
2011年 (平成23年) 2月期 2.50円 2.50円 5.00円
2010年 (平成22年) 2月期 5.00円 2.50円 7.50円
2009年 (平成21年) 2月期 7.00円 8.00円 15.00円
2008年 (平成20年) 2月期 6.00円 8.00円 14.00円