本文へスキップします。

【参:先輩社員メッセージ】カテゴリタイトル

先輩社員メッセージ

ページタイトル

営業・企画職

コンテンツ

先輩社員イメージ

製品の魅力を凝縮したウェブサイトをプロデュース

舶用機器事業部
営業企画部 (2006年入社)

事務・営業系

フルノへ入社した理由

先輩社員イメージ

希望職種との偶然の出会い

ウェブコンテンツを制作したくて広告代理店を訪問したり、安定したイメージを求めて都銀を受けたり、わたしの就活は迷走していました。結局どれも実を結ばず、落ち込んでいたときに父が教えてくれたのがフルノでした。魚群探知機や地殻変動計測システムという、馴染みはないけれども人の役に立つ機器を作っているフルノをおもしろい会社だなと思いました。
面接の場で、履歴書に記載していた「特技:ホームページ制作」について訊かれました。「そういう部署もあるけれど、どう?」と。もちろん、非常に興味がある旨お伝えしました。まさかこんなところで自分が希望していた職種が見つかるとは思わず、「就職活動ってほんとに縁だな」と実感しました。

現在の仕事について

先輩社員イメージ

ウェブを軸にした製品プロモーション

宣伝課は、カタログ作成、広告原稿から出稿手配、展示会運営など、あらゆる形態の製品プロモーションを行っていますが、わたしは特にウェブサイトの制作と管理をメインで担当しています。入社したころはコーポレートサイトの編集だけでしたが、今では個々の製品スペシャルサイトや、市場に特化したポータルサイトも手がけています。
プロモーションの舞台は世界。当然、英語が必須です。入社当時は、実用的な英語を操れず、先輩に頼りきりでした。今はようやく英文をまともに書けるようになってきたところ。また、英会話レッスンで自己啓発を図り、会議で必要なスピーキング能力の向上に努めています。

やり甲斐を感じる瞬間

先輩社員イメージ

海外子会社からも高評価を獲得

新製品“NavNet 3D”プロモーションサイトの立ち上げ
年次が浅いにもかかわらず、かなり規模の大きなサイト制作をメインで任されました。1日がかりの動画収録、長時間に及んだ制作会社との打ち合わせ、本社・海外子会社チェックを経て、ようやく完成。できあがったサイトは評判も上々で、特に、いつも辛口のアメリカ子会社から“Great!”というメッセージをもらったときは、ほんとうにうれしかったです。

展示会SEA JAPAN運営
初めての展示会運営は、何をすればいいのかわからず、不安に押しつぶされそうでした。展示スタンドのデザイン調整から、ポスター・カタログの制作、展示品の調達、スタッフの宿泊手配まで、すべてを自分で進めなければならず、当時は展示会のことで頭がいっぱいでした。会期中も、カタログの補充やブースの補修など、休憩も食事も忘れて走り回りました。そうしてすべてが終わり、役目を終えて解体されていくブースを見ていると、やりきった!という満足感を得ることができました。

今だから言える・・・私の失敗STORY

海外での展示会向けに大急ぎで英文カタログを作成した際、外寸(インチ)の数字を間違えて10倍の値で記載してしまいました。要は、10インチ(25cm)程度のコンパクトな機器が、図の上では100インチ(2.5m)の大型機器に…。気づいたのは刷り上がったあと。日本で再印刷してから送付する時間はなく、製作データを送って現地で印刷してもらうことになり、いろいろな人にご迷惑をおかけしました。

学生のみなさんへ、就活応援メッセージ

つらくても動き続けること。走れないときは歩いてもいい。
投げ出さずに、ゆっくりでもいいから歩き続けること。

先輩社員メッセージ一覧へ

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ